MENU

パート看護師求人

 

女子における就職難が続く中、女子だけでなく男子も含めて求人が殺到している業種があります。

 

最近、新聞の折り込みや紙面での求人が多く掲載されていることに気付いている人もあるかと思いますが、どれも看護師・パート看護師の求人となっています。

 

パート看護師の求人においては、特に100床未満の地方病院で求人が集中しており、公立私立を問わずどこの病院もパート看護師の求人を出して人材を募集している状況となっています。

 

地方病院の中には、都心まで出向いてパート看護師募集の斡旋を行うほどにもなっており、看護師不足は深刻な問題となっています。では、なぜこれまでして看護師が不足してしまっているのでしょうか。

 

現在病院で働いている看護師の多くは、昭和30年代に集団就職で看護師の見習いして病院で働きながら看護師免許を取得した人が多く在籍していますが、この年代の人たちが一斉に定年を迎えてしまい、看護師が不足する要因になっています。

 

また、病院における看護業務は、24時間365日休むことなく行われているため、交代勤務で業務にあたることになり若い世代の人にとって、一般的な企業が休みの日や時間に仕事をすることに抵抗を抱く人も少なくはありません。

 

このため、病院勤めの看護師から開業医などの交代勤務の無い医療機関に転職する看護師が多いことも看護師不足の要因に繋がっているものとなっています。

 

 

参考サイト:ナースは今、大変いに求められる大切な人材です。病院や関連施設では、ナースの人材確保に大変に苦労しているようです。実際、ナースの求人は非常に多くあります。ハローワークやナースセンターなどで公開されているナース求人を探せば。多くを見つけるは容易です。しかし、好条件の求人や、人気がある現場や、勤務体系の求人は、すぐになくなってしまうのも事実です。実は、それら、ハローワークやナースセンターには、公開されていないナース求人情報が多く存在します。それは、民間のナース求人サイト(看護師転職サイト)が、転職先と直接取引で保持しているナース求人情報です。
(引用:http://ナース求人サイト.asia/

 

パート看護師の仕事と求人

パート看護師の仕事と求人

看護師の仕事は、働く場所によって変わってきますが、一般的な総合病院であれば一人の看護師が多岐にわたって看護業務をこなしていることになります。近年における医療の高度化や電子化が進んだことにより、治療や措置等において高度な医療機器を扱うこともおおなっています。

 

パート看護師の勤務体系と求人

開業医で働くパート看護師であれば、ほぼカレンダーどおりの出勤となり、朝9時ごろから午後は遅くても午後8時には勤務が終わることになります。しかし、多くのパート看護師が勤務の場とする総合病院では、外来患者のほかに入院患者、そして救急医療体制をとっているところも多くあるため、24時間365日休むことなく病院が稼働していることになります。

 

 

看護師不足とパート看護師求人の関係

新聞の折り込みで入ってくる求人広告を見ると、ほとんどが病院の看護師の募集か介護施設の介護士の募集になります。この両者に共通して、慢性的な労働力不足と労働環境における問題が同じ条件となります。労働条件に至っては、ともに人を扱う仕事であり重労働と超過勤務や夜勤、ときには人が避ける作業を行うなど決してよいものとは言えません。

 

 

パート看護師の職場環境と求人

最近の調査によると、最も働きやすい環境の企業として、アメリカのGoogleが取り上げられました。Googleは、一般的な企業のように労働時間を定めずに与えられたプロジェクトや仕事を如何にこなしていくかは全て従業員一人一人やプロジェクトチームに任せていると言うものです。また、Googleの職場環境においては、社員食堂にあたるカフェテラスやバー、オーディオルーム、仮眠室、バスルームなどと従業員が自由に使える施設環境を整えており、Googleの従業員であれば、いつでも利用しても構わないことになっています。

更新履歴